うつとストレス

病院外観

うつ病の症状についてお答えするので、ぜひ参考にしてください。うつ病と診断された場合、うつ障害年金を利用すると金銭面の負担が軽くなります。また、うつの原因のひとつであるストレスについても紹介していきます。

詳しく見る

診断について

診察

うつ障害年金を受給は、精神障害等級判定の基準をもとに決めます。判定基準に地域格差はないのか、確認してみましょう。また、医療機関で行われているうつ障害の診断チェックの方法についても紹介します。

詳しく見る

ストレスの原因

注射を打つ人

うつの原因ともいえるストレスの蓄積は、周りの環境が大きく影響しています。家庭や職場などがストレスのきっかけとなった場合についてみていきましょう。辛い職場から抜け出したい人は、うつ障害年金の申請をしてみましょう。

詳しく見る

申請の流れ

女性

うつ障害年金の申請のおおまかな流れについてチェックしておきましょう。また、日常生活でストレスを溜めないための心がけについてもお話しするので、ぜひ確認してください。

詳しく見る

うつ病の基本情報

医者と看護師

自律神経とうつ病

人間の身体には全身にわたって神経が張り巡らされています。自律神経には、正反対に働く交感神経と副交感神経があり、ちょうど自動車のアクセルとブレーキのような働きをしているのです。どちらが強くなるともう一方が弱くなる、といった具合にうまく切り替えながらバランスを取り、正常な状態を維持するようにコントロールしています。主に仕事や勉強など、活動しているときには交感神経が優位に働きます。また、満員電車や長距離通勤などで不快感を感じている時も交感神経が働いています。自律神経のバランスが良く、健康な状態であれば、仕事や勉強にも意欲的で高い集中力を持ってたずさわることができます。一方、食事をしたり入浴時や趣味に集中しているときには副交感神経が優位になります。特に睡眠中は副交感神経が大活躍するタイミングなのです。このように交感神経と副交感神経がどちらかに大きく傾くことなく、1日の中で、あるいは季節によってバランスよく切り替えられている状態が健康な状態と言えるのです。ところが様々な原因によって、どちらかに傾きすぎると体に不調を覚えるようになります。特に、生活スタイルが多様化している現代社会、またはストレス社会と呼ばれる環境においては、交感神経が優位な状態に傾くことによって様々な体調不良を引き起こすのです。だんだんひどい肩こりや全身の痛みなどを感じ始め、なかなか寝付けない状態が続き、不眠症やめまい、神経症などの様々な症状が発症してきます。さらにこの状態が続くと、脳は「このままではまずい! 」とばかりに、副交感神経に大きなリバウンドをさせます。この状態がいわゆる「うつ病」なのです。

うつ障害年金の申請をしよう

うつ病は心の病ともいわれていますが、れっきとした病気で誰にでもなってしまう可能性があります。うつ病を患ってしまったことにより、もしかしたら生活が一変することになったり闘病生活を余儀なくされることもあるかもしれません。周りのサポートを受けて、無理せず快復へと繋げていきましょう。もしも入院費や診察代などで金銭面が苦しい、という場合はうつ障害年金を需給できるかどうか確認してみることをおすすめします。