うつとストレス

病院外観

うつ病の症状

うつ病は精神的な負担やストレスにより、身体の不調もでてくるので体からのSOSを見逃さないようにすることが大切です。そこで、見逃しがちなうつ病の身体的症状についていくつか説明していきます。まず、見落としがちな症状として慢性的な頭痛というものが挙げられます。時間が経てば治まるので、うつの自覚がないことが多いようです。起床直後の頭痛に悩まされている人は、特に要注意です。一時的な頭痛に悩まされている場合、うつの他にも病気が隠れている可能性があるのですぐに医師に相談しましょう。また、便秘もうつのサインかもしれないので要注意です。脳の神経伝達物質であるセロトニンのほとんどは、腸内で作られます。腸内環境を整えることは、体の健康はもちろんのこと心の健康にも繋がるのです。日頃から正しい食生活を心がけてセロトニンの分泌を妨げないようにしましょう。その他の体からのSOSとして、めまいもあります。めまいの原因は耳や脳の機能異常であることがほとんどですが、精神的な原因によりめまいが起きてしまうことも少なくありません。このように、日常生活で見過ごしがちな体のちょっとした不調もうつのサインであるかもしれません。このような症状が長く続いている場合は、早めに医療機関への受診をおすすめします。うつ障害年金などを利用して、早めの対処を心がけてください。

ストレス緩和のために

普段何気なく生活しているだけでも、私たちは想像以上に心身ともにストレスを受けています。ストレスというと悪いイメージが強いですが、実は適度なストレスは心身に良い影響を与えてくれます。適度なストレスは自己成長などへと繋がりますが、反対に悪いストレスは心身に害を及ぼしてしまいます。ストレスの溜め込みやすさには個人差があるので、定期的なストレス発散が大切です。几帳面な性格の人や周りに合わせがちな人、自己主張が苦手な人などはストレスを溜め込みやすいので気を付けてください。最近すごくイライラする、などと不調を感じたらすぐにストレス発散を心がけましょう。自分のストレスの原因を知って対処するのも効果的なストレス発散方法ですが、自分が好きなことを好きなだけするというのも良い方法です。気が済むまで眠ったり、おいしいものを食べたりと自分がリラックスできる方法でストレスを発散しましょう。インターネットサイトでストレスチェックをして自分のストレスがどのくらいなのか調べてみるのもおすすめです。自分の心の付き合い方がわかれば、ストレスの溜まりにくい思考へと繋げることも可能です。「あまり先のことに対しての不安を考えない」「ポジティブ思考」を心がけると効果的です。定期的なストレス発散やストレスを溜めにくい思考回路を心がけて、うつ病を対策しましょう。